MENU

多汗症を治したい!病院で手術をする方法しかないの?

体温調節の目的以上に汗をかいて、日常生活に支障が出る状態を多汗症と呼びますが、体質だからとあきらめなくても病院で治療を行うことができます。根本的な治療として手術という方法もありますが、症状に合わせて手術以外の治療方法もあります。

 

多汗症の手術

多汗症の治療方法の一つとして、交感神経を切断する手術があります。手のひらの多汗症である手掌多汗症の場合は、全身麻酔で胸部の交感神経を切り取る方法が一般的です。内視鏡を使って行われるので傷口が小さく、安全性の高い手術として知られています。

 

しかし手のひらの汗が止まる替わりに胸や背中などから異常に汗をかく代償性発汗と呼ばれる症状が起きることがあります。

 

脇の場合は、脇の下の汗腺を除去する手術が行われます。

 

わきが体質の人のアポクリン腺は大きく発達していますが、わきが治療の手術では脇の下の皮膚を裏返して目に見える部分のアポクリン腺を取り除きます。

 

多汗症の汗はエクリン腺から分泌される汗が主ですが、エクリン腺は小さく、数が多いので全てを取り除くことはできません。しかしわきが治療の手術を行うと、同時にエクリン腺の一部も除去されるため、汗の量が半分になったとの報告もあります。

 

手術以外の治療法

医療機関で多汗症の治療を行う際は、すぐに手術ということは少なく、他の治療から始めて、効果があまり見られないようなら手術を検討することになります。手術以外の治療方法には以下のようなものがあります。

 

・外用薬

 

有効成分として塩化アルミニウムなどの収れん剤を配合した外用薬を、汗が気になる部分に塗布します。効果は一過性なので継続しての使用が必要ですが、続けて使用することで、汗が出る穴が委縮するほか、汗腺そのものが委縮して、汗の分泌を抑える効果が報告されています。

 

・ボトックス注射

 

ボトックスとは、ボツリヌス菌の作り出すタンパク質で、汗を抑えたい部分に注射すると一定の期間、発汗を抑制する効果があります。ボトックスは発汗を促進させる神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を阻害して、汗を抑えます。

 

手術の必要がなく、汗を抑えることができますが、ボトックスが体内にとどまっているのは半年程度なので、効果を持続させるには、数か月おきに注射をする必要があります。

 

・内服薬

 

汗を大量にかくのは、交感神経が過度に働くことが原因と言われており、このような交感神経の働きを抑えるために抗コリン剤などの内服薬が用いられることがあります。

 

効果の程度にばらつきがあり、口の渇きや眠気などの副作用があるため。外用薬や注射で効果が無い場合に採用される治療方法です。

 

まとめ

多汗症の治療には、手術の他にも外用薬や内服薬、注射などの方法が知られています。手術では半永久的に効果が持続すると言われていますが、術後に代償性発汗などが起きることもありますので、医療機関でよく相談して、治療方法を選択しましょう。