MENU

汗の量が気になる!体のどの部位の汗をかくのが多汗症なの?

周囲の人よりも汗をかく量が多いと多汗症ではないかと心配になりますが、多汗症とは体のどの部分にかく汗のことを指すのでしょうか。意外と知らない多汗症の部位とそれぞれの治療方法について調べてみました。

 

多汗症が発生しやすい部分

多汗症は体温調節の役割以上に汗を多量にかいて、日常生活に支障をきたす状態ですが、多汗症で汗をかく部位としては、手のひらや脇、足の裏のほか、背中や頭、顔などがあり、人間の体で汗をかく部分のほとんどが多汗症の発汗部位になり得ます。

 

手のひらの多汗症

多汗症の発汗部位の中でも最も頻度が高いのが、手のひらです。手のひらの多汗症は手掌多汗症と呼ばれており、病院での治療には保険が適用できるケースもあります。

 

治療方法としては、塩化アルミニウムを有効成分とする外用薬を塗布して汗腺を塞いだり、ボツリヌス菌の作るタンパク質を注射して、発汗を促す神経伝達物質の分泌を抑制するなどの方法があります。

 

これらの治療方法のほかに、手のひらの発汗を促進している交感神経を切断する手術もあります。
脇の下から内視鏡を用いて行われる手術なので、傷口が小さく安全性の高い方法ですが、術後は手のひら以外の上半身から発汗が多くなるといった代替性発汗が発生することもあります。

 

脇の多汗症

手のひら以外では、脇からの多汗症が多く見られるケースです。脇の場合は、多汗症だけでなく、汗が原因で独得の体臭が発生するわきがも同時に発生していることがあります。

 

わきがや脇汗の多汗症は遺伝によるものが大きく、制汗剤や消臭剤を活用したり、病院で処方される外用薬を使うことで、日常生活に支障が無い程度まで改善することができます。

 

これらの方法でも症状に改善が見られない場合は、脇の下の汗腺を取り除く手術が行われることもあります。主に臭いの原因となるアポクリン腺を取り除く方法ですが、施術後は汗をかく量が半分以下になったと言う報告もあります。

 

その他の部位の多汗症

手のひらや脇以外では、足の裏や頭皮、顔が多汗症になりやすい部分です。これらの部分は体の中でも汗腺が集まっており、多汗症でなくても一般的によく汗を分泌します。

 

また、多汗症には特定の部分にのみ汗を大量にかく局所性多汗症のほか、胸や背中などの胴体部分にも汗をかく全身性多汗症もあります。

 

全身性多汗症は多汗症の中でも1割程度しかいないと言われており、遺伝による生まれつきの体質であることが多いようです。

 

後天的なものについては、パセドウ病や糖尿病など他の病気の症状の一つとして現れることがあります。

 

まとめ

日常生活に支障をきたすほど汗をかく多汗症は、手のひらや脇の下に大量の汗をかく場合が多いのですが、汗をかく部位であれば、どこでも多汗症の発汗部位になり得ます。

 

それぞれの部位によって治療方法がありますので、日々の生活で困るほど汗をかくことがあれば、皮膚科などの医療機関で相談すると良いでしょう。