MENU

どうやって調べるの?多汗症かどうかをチェックする方法は?

多汗症とは体温調節などの役割のほか、必要以上に汗をかいて日常生活に支障をきたす状態ですが、多汗症という病気ではなく、単純に汗かきの体質なだけかもしれません。

 

そこで病院を受診するほどの多汗症かどうか、チェックする方法について調べてみました。

 

多汗症と「汗かき」の違い

多汗症と汗かきは区別が難しいのですが、脇や手のひら、足の裏から大量に汗をかく局所性多汗症かどうかの基準として、以下のようなポイントがあります。

 

・社会生活に支障をきたすほど多量の汗をかく
・両手、両脇など左右対称で多汗の症状が出る
・週に1回以上、症状がある
・寝ているときは症状が出ない
・家族や親類に多汗症の人がいる

 

また、パセドウ病や糖尿病の人は病気の症状の一つとして多汗になることがあります。この場合は、全身から汗が出ますので、局所性多汗症とは異なります。

 

多汗症の疑いがある場合の対処法

多汗症は病院で治療することができますから、多汗症かもしれないと思っても不安に感じることはありません。多汗の部位や程度によって治療方法が異なりますが、一般的にはまずは皮膚科を受診するのが良いようです。

 

多汗症の治療方法としては、塩化アルミニウムを制汗成分とした外用薬や、手のひらに弱い電流を流して汗の出口を塞ぐイオントフォレーシスなどの手法があります。このほか、ボトックス注射や、それぞれの部位で発汗を促している交感神経を切断する手術もあります。

 

汗かきの場合の対処法

多汗症ではなく汗かきの場合でも、大事な場面で自分だけたくさん汗をかいていると恥ずかしいという人は多いと思います。そんなときは、下着を工夫したり、制汗剤を利用して対処すると良いでしょう。

 

脇の下に汗取パッドがついた下着なら、汗をかいても洋服の脇部分に汗が染み出さず、脇汗が目立ちません。パッドがごわごわする感じが苦手なら、脇に直接貼り付けて汗を抑えるフィルムシートもありますので、試してみると良いでしょう。

 

制汗剤は汗腺を塞ぐ収れん剤と分泌された汗を吸収するパウダーが含まれており、一時的に汗を抑える効果があります。

 

似たような製品にデオドラント剤がありますが、これは汗で発生する臭いを抑制することを目的としており、制汗効果はあまり高くありませんから、目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

 

まとめ

多汗症と体質的な汗かきは区別が難しいのですが、多汗症と判断するためのポイントがいくつかあります。多汗症の場合は病院で治療を受けることができますので、皮膚科や美容外科で相談してみると良いでしょう。