MENU

多汗症の原因について知ろう!

気温が高い環境にいたり、運動をした後に汗をかくのは普通のことですが、それ以外の場面で特に原因もないのに多量の汗をかいて日常生活に支障をきたす状態を多汗症と呼びます。

 

ストレスや不安など精神的なものが原因であると言われていますが、実際のところ、原因がよく分からない場合がほとんどです。ただ汗が多いだけだと思っていたら他の病気が隠れていることもありますから、多汗症にはどのような原因があるのか、確認しておきましょう。

 

緊張や不安など精神的なもの

体温調節や辛いものを食べた刺激以外にも、人前に出たり大切な試験の直前など、緊張した場面でも汗をかきます。汗をかく機能は自律神経のうち、交感神経によって支配されていますが、緊張によって交感神経が過敏になることで、汗腺が刺激をうけて汗をかくのです。

 

このため、ストレスを受けやすく交感神経が敏感な人ほど精神的な要因が原因で汗をかいてしまうことが多いようです、

 

他の病気によるもの

暑さを感じないのに汗をたくさんかくと思ったら、他の病気が隠れていたということがあります。たとえばパセドウ病では、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、代謝が高まり、全身に多くの汗をかいたり、動悸やイライラといった症状が現れます。

 

また、女性が更年期を迎えると、発汗を抑える作用がある女性ホルモンが減少するため、汗をかきやすくなります。特に「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状では、頭部の汗腺を制御している交感神経が過剰に働き、上半身など局所的にどっと汗をかいてしまいます。

 

また、寝汗が多いようなら、白血病や結核など循環器関係の病気の疑いがあります。このような病気は微熱があるため、寝ている間にたくさん汗をかいてしまうことが特徴です。

 

肥満によるもの

太った人は汗をかきやすいという印象がありますが、このイメージは実は理に適っています。人間の体の中では、運動したり体内で代謝が行われた際に発生した熱を、体外に放出することで体温が上がりすぎるのを防いでいます。

 

しかし皮下脂肪が多いと、熱を体外へ放出しにくくなり、体温が上がりやすくなるので、上がった体温を下げようと、通常よりも汗をたくさんかくことになります。

 

また、内臓脂肪が多い人は、血中の脂肪酸の濃度が高く、毛細血管の抹消部分の血流が悪くなり、体内の熱が放出されにくくなります。すると体温を下げようとして発汗が促されるため、汗をたくさんかくことになります。

今すぐにでも実践できる!手軽に始められる多汗症対策を紹介!

周りの人に比べて汗をかく量が多く、少し体を動かしただけで、汗が滝のように流れて止まらないということはありませんか。自分だけがたくさん汗をかいていると、恥ずかしくなってさらに余計に汗をかいてしまい、汗を大量にかく悪循環になってしまいます。

 

多汗症は皮膚科などの医療機関で治療することができますが、病院に行く時間が無かったり、病院に行くほどでもないと思っている人に向けて、自分で手軽に始められる多汗症対策について調べてみました。

 

交感神経が発汗を制御している

体の機能を調節している自律神経と発汗は密接な関係があります。自律神経には緊張状態で働く交感神経とリラックス状態で優位になる副交感神経がありますが、発汗は交感神経にのみ制御されています。

 

副交感神経の働きが弱くなる自律神経失調症では、交感神経の働きを抑制する役割がいないので、交感神経が独走状態になり、汗腺を刺激して、必要以上に汗をかいてしまいます。

 

自律神経失調症でなくても、ストレスの多い現代社会では、リラックスできる時間がなかなかとれず、交感神経が優位になりがちですから、副交感神経の働きを高めて、交感神経とのバランスをとることが多汗症対策では大切になります。

 

自律神経のバランスを整えて多汗症を解決

 

・リラックスタイムを設けて副交感神経を優位に

 

仕事や家事、学校などで忙しいときでも、一日に数分リラックスできる時間を作ることで、副交感神経が優位になり、自律神経のバランスを回復させることができます。

 

ただ、テレビやインターネットによる動画視聴など受動的に情報を与えられる環境は、意識が引きつけられるので、実はリラックスできません。好きな音楽を聞いたり、アロマキャンドルを焚くなどゆっくり過ごしましょう。

 

・軽い運動で自律神経のバランスを調整

 

ウォーキングやヨガ、ストレッチなどの呼吸が乱れない軽い運動は、副交感神経の働きを高めるのに有効であると言われています。特に日頃から運動不足の人は、新陳代謝が悪く体内の熱が放出されにくいので、少し体を動かしただけで、必要以上に汗をかいてしまいます。

 

軽い運動でストレスを発散させるとともに、自律神経のバランスが取れて、適度な汗の量に調節されるでしょう。

 

・制汗クリームなどを使用して足を軽減!
多汗症の直接な治療にはなりませんが、汗を抑えるクリームなども数多く販売されています。手や足というのは、汗をかきやすいパーツでもあります。

 

また、足だと雑菌の繁殖により、嫌な臭いを発生させることもあります。そのような場合には、足の臭いや汗を抑えるクリームを使用するのが良いでしょう。